コーギー専門ブリーダー チャンピオンコーギーを両親に持つ子犬を大切に育てて頂ける方にお譲りしています

TEL:0865-44-5804
営業時間 9:00~16:00
facebook

コーギーってどんな犬?

ホーム > コーギーってどんな犬?

コーギーについて

原産国 イギリス
沿革と用途

カーディガンよりは新しい犬種である。 しかし1107年までさかのぼることができる古い犬種である。
ペンブロークの直系の祖先犬は、フランドル(フランス・ベルギーの大西洋に面した地方)
の織工がウェールズに移住した際もたらされたとも、ヴァイキングが活躍していた頃、スウェーデンの犬がこの地に居残ったものといわれている。古くはヘンリー2世(1133-1189)、現代においては英国王室に愛され、王室の犬といえばこの犬種と思われているほどである。

カーディガンとくらべて尾や耳先に特徴があるが、19世紀中ごろ以前は両者が交配されていた事もあり、相違点が多い。おもにウェールズのペンブロークシャー地方で飼育されていた。かつては農場などで作業に従事していたが、現在は家庭犬として飼育されている。

一般外貎 短脚で地低く力強く、頑健である。達耳、胴長、短尾の活動的な小型犬である。
性格 警戒心に富み、大胆であるが、従順な性質を有している。
頭部 頭部の形と外貎は狐に似て、知的な表現をもっている。スカルはかなり広く、両耳間は平らである。ストップは中位で、マズルは先細で、鼻筋は真っ直ぐで鼻は黒い。歯は健全でシ
ザーズ・バイトである。目は中位の大きさで、アーモンド形でやや丸く、目は毛色に準じて
より暗色がよい。耳は直立した中型である。先端がわずかに丸い。
ボディ キ甲は高く、背は真っ直ぐで、腰は幅広く筋肉がつき、尻は丸みをもっている。
短く、自然のままがよりよい。
四肢 前肢は短く骨太くできるかぎり真っ直ぐがよい。後肢も骨太く短く、柔軟で弾力性に富んで
いる。指趾は楕円形でよくにぎられ、パッドは厚く丸みと弾力がある。
爪は堅く暗色である。
被毛と毛色 中位の長さの堅い毛が密生している。毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タン
などで四肢、胸、頸に白斑がある。
頭部と顔に白毛(ブレーズ)があってもさしつかえない。
歩様 活発で軽快な歩様。
サイズ 体高 牡牝ともに25~30.5cm
体重 10~13.5kg欠陥失格 1. 陰睾丸
欠点 1. 極端な不正咬合
2. シャイ
3. 長毛

補足情報

  • 耳

    中型の立ち耳です。大きすぎる耳、小さすぎる耳も欠点です。
    大きすぎたり、厚みの薄い耳の子は気をつけないと垂れる事があります。
    重大欠点ですが、心配はいりません、早い時期に補正すると立ちます。

  • 被毛

    毛色は、レッド、トライセーブル、フォーンです。毛色は犬質と全く関係ありません。
    またブレーズの通った子、フルカラーの子、白の多い子が人気がありますが、これも犬質と全く関係ありません。
    よりスタンダードに近い子を飼われる事をお奨めします。

    ◆繁殖を考えるなら…
    特にメスは、白の少ない子をお奨めします。あとから述べますが、白の多い子は、ミスカラーを出しやすい傾向にあります。
    もう一つ、長毛もコーギーにとっては重大欠点です。

  • カラー

    ホワイトのボディカラー、これは重大欠点です。
    またミスカラーといい、キ甲と尾高の背上、肘と後肢の背間の両側及び耳や目にホワイトの一色のあるもの、これも欠点とされます。

  • 性格

    とても活発で、愛らしく、従順ですが、甘やかすと飼い主さんと犬との立場が逆転します。
    くれぐれも甘やかさないように!

365日見学OK!

お気軽にお問い合わせください!

TEL:0865-44-5804

メールでのお問い合わせ

全国空輸OK!

受付365日OK!